マンチカンについて 。 マンチカンを猫ブリーダーから直売価格で販売するキャットファーム大谷。

短足マンチカン、足長マンチカン、短毛種や長毛種 ~マンチカンにもいろいろです。

マンチカンの画像マンチカンの画像マンチカンの画像マンチカンの画像

短足マンチカン、足長マンチカン、カラーもシルバー、レッドタビー、ブラウンパッチドタビー、キャリコなど、マンチカンと言ってもいろいろです。
当店のブリーダーが育てるマンチカンはどの子も、元気で甘えんぼです。
素直で可愛いマンチカンをぜひご覧になってください。

マンチカンとは

ミヌエット

「猫のダックスフント」とも呼ばれるマンチカン(Munchkin)は、猫種自体の歴史はそんなに古いものではなく、1983年にアメリカのルイジアナ州の路上で発見された猫が極めて短足であったことから、保護されて1980年代から研究・開発が進められました。その後交配を繰り返して誕生した猫ちゃんがマンチカンです。


最初のうちはマンチカンの特徴である短い手足について、骨の異常や遺伝子の異常、健康上の問題によるものではないか、という疑いがありましたが、様々な研究や遺伝子学上の検査結果において問題のない健康体であることが確かめられ、1995年には新種の猫ちゃんとしてTICAから公認されています。


マンチカンという名前の由来は様々な説がありますが、「オズの魔法使い」に登場する小人の種族「マンチキン」から付けられたと言われています。


マンチカンの特徴

マンチカン最大の特徴といえば「短い脚」ですね。成猫になっても足の長さは10cmくらいしかありません。(普通の猫ちゃんの半分くらいです。)

脚が短くても普段の生活には何の問題もありません。運動能力やジャンプ力も普通の猫ちゃん並みにあります。脚が短い分、若干のハンデにはなりますが、工夫して高い所へ登る賢さもあります。

意外と脚は速くて小回りがきくので、かなり元気に走り回ります。階段などの上り下りも上手にできます。マンチカンは低い姿勢で素早く駆け回る姿から「猫のスーパーカー」とも呼ばれています。

脚が短いことで身体の重心が安定するので、他の猫種に比べると長い時間2本足で直立することが得意です。その立ち上がった姿がとても可愛らしく、マンチカンの人気ポイントの一つとも言えます。

マンチカンは犬のダックスフントやコーギーのような体形をしていますが、猫はとても身体が柔らかいので、ヘルニアにはなりづらいと言われています。(ただし肥満になるとリスクが高くなりますので、体重管理には気を付ける必要があります。)

マンチカンは基本的に短足と足長の組み合わせで交配をします。その中で短足の猫ちゃんが生まれる確率はだいたい2~3割くらいです。(そのために短足の猫ちゃんはお値段が高くなる傾向にあります。)

足長の猫ちゃんは、マンチカンの特徴である短足の猫ちゃんよりも脚が長い為に「足長」と表記されますが、脚の長さは普通の猫ちゃんとほぼ同じくらいです。短足と足長の中間くらいの脚の長さの「中足」の猫ちゃんもいます。

両親のどちらかがペルシャ系・エキゾチックショートヘア・ヒマラヤンなどの猫ちゃんで、マンチカンとの間に生まれた猫ちゃんは「ミヌエット」になります。(ミヌエットはTICAでも公認されており、血統書上の猫種もミヌエットと表記されます。)


ミヌエットについての紹介はこちら


マンチカンは毛色や毛種(短毛・長毛)は様々なバリエーションがあります。当店でも、レッド、シルバー、ブラウン、クリーム、ホワイト、キャリコ(三毛猫)、ブルーなど、色々なタイプの猫ちゃんが生まれています。

身体に対して頭部が少し大きいですが、そのアンバランスな感じが可愛いポイントの一つです。クルミ型のクリっとした丸いお目めで見つめられると、ついつい甘やかしたくなってしまう、表情も愛らしい猫ちゃんです。

マンチカンの画像マンチカンの画像マンチカンの画像

マンチカンの性格と人気ポイント

マンチカンの画像

見た目の愛くるしさや、コミカルな動き、甘えん坊で人懐っこい性格など、マンチカンが人気な理由はたくさんあります。


マンチカンはとても人懐っこい猫ちゃんです。甘え上手で、あまり大きな声で鳴くこともなく、基本的に穏やかな性格の猫ちゃんなので、初めて猫ちゃんを飼う方にもおススメです。


穏やかな性格をしていますが、好奇心が強く、活発で遊び好きな元気な猫ちゃんです。甘えん坊で家族のことが大好きなので、一緒に遊んであげることで、飼い主さんとの信頼関係を築くことができます。(甘噛みが気になる場合には、猫ちゃん用のおもちゃを用意してあげましょう。)


警戒心が少ない猫ちゃんなので、先住猫ちゃんがいる場合や、新たに猫ちゃんをお迎えした場合でも、すぐに仲良くなってくれるでしょう。


いわゆる「マンチ立ち」も可愛い仕草の一つですが、寝ている姿も何とも言えない可愛さがあるんです。リラックスして仰向けに寝てしまう「ヘソ天」、特に短足の子猫ちゃんに多いですが、トイレや箱のふちに手をかけたまま寝てしまう子も。。。


しつけもしやすく、お留守番もきちんとできる猫ちゃんなので、どのような生活スタイルのご家庭でも、とても飼いやすい猫ちゃんです。


マンチカンの飼い方・お手入れなど

マンチカンの画像

基本的には普通の猫ちゃんと同じようなお世話をしてあげれば大丈夫です。

ご飯
猫ちゃんは1回に食べる量が非常に少量です。
気が向いた時に少しずつ食べているので、適量をお皿に出しておきましょう。

ブラッシング(毛のお手入れ)
実は短毛でも長毛でも、抜けている毛の量は一緒なんです。

特に長毛の猫ちゃんは抜けた毛をそのまま身体につけておくと、
皮脂や抜け毛どおしが絡まって毛玉になってしまう場合があります。
日頃からこまめにブラッシングをしてあげると、猫ちゃんも嫌がることは少ないです。

毛玉予防だけでなく、毛づやも良くなりますので、
2~3日に一度はブラッシングされることをおすすめします。

素材や形など色々なものありますが、コームタイプのクシをご用意頂くとお手入れがしやすいです。


爪切り、爪とぎ
ブラッシング同様、普段から爪が伸びていないかチェックしましょう。
爪とぎをしても伸びた爪が短くなることはないので、やはり爪切りは必要になります。

4本の手足を同時にお手入れしようとすると、猫ちゃんが嫌がったりして大変なので、

伸びたところの爪だけを切るようにすると簡単です。

爪切りのポイントは、爪切り(ハサミ)を猫ちゃんに見せないようにして素早く切ることです。

されたくない場所で爪とぎをされてしまった場合には、
爪とぎ器のところへ連れて行き、両手を持ってそこで爪とぎをするように教えてあげましょう。


猫トイレ
一般的に市販されている猫トイレと猫砂をご用意ください。
色々なタイプのトイレや砂が販売されていますが、基本的には何でも大丈夫です。

あまり深いタイプのトイレだと、マンチカンは入りづらいかも知れません。
逆に浅すぎるトイレは、縁に乗った時にひっくり返ってしまう場合があるので、
ある程度の重さがある物が良いかと思います。


シャンプーについて
基本的に猫ちゃんは水に濡れることを嫌います。

もしシャンプーをされる場合には、小さいうちから慣らしておきましょう。

(最近はミストタイプの拭き取るだけで使えるシャンプーなどもあります。)
普段からこまめにブラッシングをすることで、汚れや臭い、毛玉などを軽減する効果があります。


猫草について
ホームセンターなどで見かける猫草ですが、猫ちゃんが猫草を食べる理由は、毛玉を吐くためや便秘予防のためなどと言われています。

ただし猫ちゃんによっては猫草を全く食べない子もいます。

子猫の場合には消化不良で下痢や嘔吐の原因になることもあるので、猫草は猫ちゃんがある程度大きくなってからで大丈夫です。


キャットブリーダーによる猫専門店、キャットファーム大谷のホームページをご覧いただきありがとうございます。猫や当ショップへのお問い合わせはお電話(048-677-8913)か 当ホームページのメールフォームでお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP